タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

失敗しない栽培レッスン(野菜)

野菜

50音順で探す

レタス

難易度
  • 春まき
  • 秋まき
  • 地植え

難易度:マークが多いほど難易度が上がります。

  • 学名Lactuca sativa L.
  • 和名/別名レタス
  • 英名Garden Lettuce
  • 原産地/生産地地中海沿岸から中近東、インド、西アジアなど諸説あり
  • 分類キク科アキノノゲツ属
  • 発芽地温20℃前後
  • 生育適温15~20℃

生育条件

  • 日当たり日なた
  • 土壌酸度弱酸性~中性

栽培管理

  • 植えつけ株間30cm

栽培暦(関東標準)

レタスとは

レタスは歯切れがよく、風味が爽やかで、サラダなどの生食になくてはならない野菜です。スープや味噌汁、鍋物や炒め物に入れてもシャキッとした食感はなくならず、楽しむことができます。サラダ菜は結球レタスよりカロテンやビタミンEが豊富で、鉄分などミネラルも多く含みます。

レタスの種類には、結球(玉)レタス、半結球性のサラダ菜やコスレタス(ロメインレタス)、結球しないリーフ(葉)レタスやステム(茎)レタスなどがあります。また、食感に違いがあるものがあり、パリパリしたタイプ(クリスプヘッド型)とサラダ菜などのようにやわらかいタイプ(バターヘッド型)があります。さらに、葉色では緑色のものの他に、サニーレタスのように赤色に色づくものもあります。

ポイント

比較的冷涼な気候を好み、一般的に露地栽培で作りやすい季節は春と秋です。長野や北海道では夏が栽培に適しています。生育期間の温度が高いと花芽ができ、トウ立ちします。どんな土でもよく育ちますが、酸性が強い土を嫌うので、必ず苦土石灰を散布して土壌酸度を中和しておきます。レタスの根は細かく、浅いので、乾燥や過湿に注意しましょう。タネの発芽には光があった方がよく、高温では休眠する性質があります。

タネまき

箱まきでは条まきにします。ポット(7.5~9cm)まきでは真ん中にわずかな凹みをつけ、タネを4~5粒まきます。覆土はいずれもタネがわずかに隠れる程度にします。水やりはタネや覆土が流れないように注意します。夏まきでは発芽しにくいことから、芽出しまきをするか、タネまき後冷暗所に1~2日置きます。

〈POINT〉 タネまき後の覆土はごく薄く!

芽出しまきでは、タネをガーゼなどで包んで水に一昼夜浸した後、冷蔵庫の中へ入れると、2~4日で発芽してくるので、それを箱まきかポットまきします。

発芽・間引きなど育苗管理

タネまきした箱やポットは雨が直接当たらない風通しのよい場所に置きます。箱まきでの間引きは本葉1枚の頃に葉が触れ合わない程度に行い、本葉2枚になったらポット(7.5~9cm)に移植します。ポットまきでは本葉1枚で2本立ち、本葉2枚の頃に1本立ちにします。

〈POINT〉 夏の育苗はできるだけ涼しいところで!

よい苗を作るには水分管理に気をつけ、軟弱にならないよう、水やりは夕方には培土表面が乾く程度にします。定植適期苗は本葉4~5枚です。間引きは茎が太く生育がよいものを残します。

畑の準備・定植~収穫の栽培管理

定植の2週間以上前に苦土石灰を全面散布して耕し、1週間前に堆肥と元肥を全面にまいて再度耕します。畝を作り、ポリマルチをします。定植は、苗鉢に水をたっぷり含ませ、浅植えにします。風害を防ぐため、株がしっかりするまで寒冷紗などをかけるのもよいでしょう。

〈POINT〉 定植後もたっぷり水やりする!

1平方メートル当たり苦土石灰は3握り(約150g)、堆肥は約2kg、元肥は化成肥料(N:P:K=8:8:8)を3握り(約150g)とします。ポリマルチは夏はシルバーか白黒ダブル、春秋は黒がよいでしょう。

病虫害

病害ではべと病や軟腐病に注意が必要で、殺菌剤を早期に散布します。虫害ではアブラムシ、ヨトウムシに注意し、早期防除を心掛けます。また、ナメクジやカタツムリも葉を食害しますので見つけ次第退治します。

白っぽくなる

〈POINT〉 病虫害は早期防除を!

薬剤散布は結球開始以後は避けます。

収穫

結球レタスは球の上を軽く押してみて固さを感じるようになったら収穫します。リーフレタスは内側の葉がやや内側に巻き始めた頃が収穫適期です。球を手で押し上げながら包丁などで芯を切断、収穫します。収穫は朝のうちに行います。

〈POINT〉 採り遅れに注意!

結球レタスは結球開始から25~35日で収穫をむかえます。採り遅れると味が悪くなるので注意しましょう。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.