タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

連載

ロウバイ

ロウバイ

2017/12/26

冬の凜とした空気が張り詰める中、どこからか甘い香りが漂ってきたらロウバイの開花を知らせる便りでしょう。まだ他の花が咲いていない厳寒の時期に、ろう細工のような透き通った黄花をうつむき加減に咲かせ、上品なイメージが漂うロウバイ。春の花は黄色が多いとよくいわれますが、マンサクやミモザ(フサアカシア)と共にそれを代表する花木です。ロウバイは主にソシンロウバイやワロウバイ、「満月」などが多く植えられ、花芯の色も同一ではありません。例えば、ワロウバイは紫紅色の花芯部がアクセントになっています。葉の出る前に花が付く花木は、花色に染まった景色を見せてくれます。ぜひ、甘い香りと一面花色に染まる風景を求めて出掛けてみてはいかがでしょうか。

長瀞宝登山ロウバイ園

丸弁で花色が濃く、早咲きの「満月」

標高497mの宝登山の山頂に位置する長瀞宝登山ロウバイ園は、関東一ともいわれる眺望を有し、眼下に秩父の町並みが広がります。山麓駅より宝登山ロープウェイに乗って上ると山頂一帯、約1万5000平方メートルの敷地に3000本のロウバイが咲き競います。園内にはワロウバイ、ソシンロウバイ、「満月」の3種類が植えられ、日当たりのよいところから順に早咲き品種が咲きだし、1月下旬には全てが咲きそろうとか。甘い香りとろう細工のようなはかなげな花を見ていると、まるで桃源郷に来ているかのような気分に。同時期は山頂でウメやフクジュソウも見られ、冬の澄んだ青空の下、ハイキングをしながらの花めぐりにぴったりのスポット。山頂のため風が強い日もあるので暖かな服装でお出掛けください。

冬枯れの山頂が黄色に染まり、来園者を魅了する

花弁が細く、花芯部が紫紅色をしている、ワロウバイ

のこぎり状の山容をした両神山など秩父の山々の眺望が抜群

ソシンロウバイは花芯部まで黄色一色。透き通るような花弁が美しい

施設概要

〒369-1305
埼玉県秩父郡長瀞町長瀞(宝登山山頂)
電話番号:0494-66-0307(長瀞町観光案内所)
休園日:無休
営業時間:9:40~17:00(ロープウェイ運行時間、時期により変動するため事前にご確認ください)
ロープウェイ運賃(往復) :大人820円、小学生410円
駐車場:有料駐車場あり(ロープウェイ山麓駅下)
ロウバイの見ごろ:1月中旬~2月中旬(開花状況は気温により変動するため事前にご確認ください)
イベント:長瀞ロウバイまつり 2018年1月13日~2月12日
サカタ友の会特典:特典なし

ろうばいの郷

雪の白、空の青とのコントラストが美しいロウバイの花

ろうばいの郷は、30年ほど前から地元の農家さんが遊休地にロウバイを植え、地域の有志の方が協力して郷づくりを行ってきたものです。今では3.2ヘクタールに1200株、1万2000本のロウバイが花開き、早春の風物詩になっています。園内にはロウバイを縫うように遊歩道が整備されるほか、農産物売店や軽食が取れる設備もあり、来園者をおもてなし。1月上旬には毎年「ろうばいまつり」も行われ、各種イベントや模擬店なども予定。同じく松井田町には新井ろうばい園や、木馬瀬のフクジュソウ自生地などでフクジュソウも楽しめるほか、秋間梅林では3月上旬からウメが見ごろを迎えます。四季折々に花が楽しめる地域ですが、花の少ない1月から咲き始めるロウバイは貴重。甘い香りと明るい黄色に染まった花景色で春の近づく足音を感じさせてくれます。

ロウバイの甘い香りが迎えてくれる園内

遊歩道が整備され、ゆっくり花を見ながら散策できる

ロウバイに続いて咲く、フクジュソウ。ろうばいの郷から近い木馬瀬に自生地がある

近くには数万本のウメが咲く秋間梅林も。時期をずらして訪れたい

施設概要

〒379-0211
群馬県安中市松井田町上増田3677
電話番号:027-382-1111(安中市役所観光課観光係)
開園日:2017年12月24日~2018年2月中旬予定。開園期間中は無休(閉園日は未定)
開園時間:9:00~17:00
入園料:大人400円(ろうばいまつりの際は無料)、小学生以下・障がい者無料
駐車場:無料駐車場あり
ロウバイの見ごろ:12月下旬~2月中旬(開花状況は気温により変動するため事前にご確認ください)
イベント:ろうばいまつり 2018年1月7日
サカタ友の会特典:特典なし

北九州市立白野江植物公園

ソシンロウバイが頭上一面に咲いて美しい

白野江植物公園は1952年ごろより個人の植物公園として市民に公開されていたものを、1993年に北九州市が買い取り、整備・改修して1996年に市の公園として公開されました。周防灘に面した標高約120m級の山稜の一角に位置する園内は、花の谷や落葉樹の森、水辺などのさまざまなシーンが起伏に富んだ地形で区切られています。園内では四季折々の草花や木々の姿が楽しめます。冬といっても1月にはロウバイをはじめ日本スイセン、ウメなど香り高い花が咲くほか、ツバキやわら囲いの中で咲く大輪の冬ボタンも見ごろを迎えます。そして、少し季節が進むと「寒桜」や「河津桜」などサクラコレクションを誇る園ならではの早咲きサクラが楽しめるそう。まさに四季折々、見応えのある花木が迎えてくれる植物公園といえましょう。

紅色のサザンカと黄色のロウバイの花色コントラストが鮮やか

丸みを帯びた花形に、はかなさや上品さを感じさせるロウバイ

春が訪れたかのようなにぎやかさ。「寒桜」と紅梅の見ごろは2月上旬~

わら囲いの中で咲く冬ボタン。約50株が楽しめる

施設概要

〒801-0802
福岡県北九州市門司区白野江2丁目
電話番号:093-341-8111
休園日:火曜日(火曜日が祝日の場合は翌日休園)、年末年始 ※2~6月と9~11月は毎日開園
開園時間:9:00~17:00
入園料:大人200円 小・中学生100円
駐車場:有料駐車場あり
ロウバイの見ごろ:1月上旬~2月上旬(開花状況は気温により変動するため事前にご確認ください)
イベント:冬牡丹の展示 2018年1月13日~2月下旬
サカタ友の会特典:特典あり 入園料の20%割引(大人200円→160円)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.