タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

夏に収穫したカボチャの果実を切ったら、長さ1cm くらいのウジムシがたくさん出てきました。このウジムシは何でしょうか。また、品種によって被害に違いはありますか。

カボチャミバエの幼虫と思われます。雌花の開花後、太り始めた幼い果実に親虫が卵を産み、肥大した果実の中でふ化したものです。初夏から初秋にかけて発生しますが、予防効果のある家庭用登録農薬はありません。防除の決め手はありませんが、早めに苗を育て雌花を咲かせ、産卵期前に果実の肥大を図るようにします。また、幼果に産卵跡のある果実は速やかに処分して、次の年からの被害を減らすようにしましょう。被害果を畑に放置したままでは、サナギが土中で越冬し、年々発生が多くなります。発生は地域や年によっても差がありますが、被害を受けやすい品種というものは特にありません。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.