タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

集まる

読者のひろば

園芸通信を楽しまれている皆さまからのお便りをご紹介しています。

カテゴリ

読者のお便り大募集!

ご家庭での園芸にまつわる写真とエピソードをお寄せください。
掲載された方の中から毎月抽選で3名の方に、サカタのタネ オリジナル図書カードをプレゼント!

応募はこちら

新着

庭中に広がったオルレア

こぼれ種で増えたオルレアは4年前に3株購入したもの、庭中に広がりました(上2枚は5月末)。宿根バーベナも4年目、3色あったものが今は白と青だけに。オルレアの後は、サンパチェンスとバラ咲きベゴニア「タブレット」が頑張っています(7月6日)。今年は、初めてエキナセアを2種類購入して植えてみました。花が楽しみです。

夏野菜の収穫

今年のトマトは「アイコ」、「麗夏」、「シンディーオレンジ」の3種を育てています。最初の写真は、1週間ほど前の「アイコ」です。2枚目の写真は、7月5日の収穫です。先日の風雨で傷んだものもありましたが、昨年より豊作です。風で揺さぶられたせいか変形キュウリや、雨が多かったのでひび割れたトマトもありました。ナスは大豊作です。ハクビシンがトウモロコシを荒らしに出てきますので、早めにネットでサンドイッチ状に囲みました。昨年はこの方法で防ぐことができました。エダマメは念のため、防虫ネットを被せました。

トウモロコシの収穫

カラスと虫にだいぶやられました!

セカンドチャンス

昨年、スイカを初めて苗から育てた超超初心者です。あまりにもたどたどしい様子を見かねて、向かいの方が稲わらを敷く始末。たった一つ収穫できたちっぽけなスイカがご縁を広げてくれました。そして今年の春。スイカの本を読みあさり、シミュレーションもばっちり。けれども入院となり、苗の時期を逃すことに。そして退院後、雑草茂る庭をさめざめと眺めたときのこと。見覚えのある葉が! なんと、スイカ! 思えば、去年はスイカが採れたことに頭がいっぱいで株の残りはそのままだった。一部が生き残っていたのか? はたまた? いずれにしても、セカンドチャンス。この夏スイカの成長と共に元気に夏を過ごしたいものです。

毎朝一番の注目の的、キキョウ「アストラ」

このところ、大好きなキキョウ「アストラ」が咲き進んでおり、毎朝一番の注目の的なのです。ふと、昨日までの凛とした花姿とは、何か違う感覚を覚えます。いくつかの星の形の花に混じって、一重の花らしからぬ華やぎが。あれっ。その後ろ姿を見て、気づきました。双子のキキョウです。先に咲いた花の陰にもう一つの蕾が隠れていたようです。遅れての二つ目は、少し小さく淡く。仲良く寄り添う様子は、なんだか平和に思えます。

見事に咲いたユリ

昨年、球根から育てたユリが大きく見事に咲き、目を引きました。ヒマワリとケイトウは今年まいた種から芽が出て、雨にも負けず間もなく咲きそうです。

虫との格闘

苗が届いてからは虫との格闘でした。虫を捕獲し、葉っぱの食害を防ぎました。きれいな花が咲いてよかった。これからも頑張りますo(^-^)o

バジル栽培

5月のプレゼント企画でバジルの種と土のキットを送っていただき、そのバジルがこんなに成長しました。ポットに種まきをしてから、部屋で育てていましたが成長していき、鉢へ植え替えをしました。香りもよく柔らかい葉がとてもかわいく育ちだしました。

バラの足元に咲くカンパニュラ

秋にカンパニュラの苗を購入し、翌春バラの足元に咲く姿を想像しながら植えました。5月に入ってぐんぐん花茎を伸ばし、花をたわわに咲かせました。体中に花粉をいっぱい付けて働くハナアブを見つけたので思わず写真を撮りました。ベル形の花がとても可憐で涼やかな印象も素晴らしいと思います。

クジャクサボテンが咲き始めました

今年もクジャクサボテンが咲き始めました。毎年よく咲いてくれますが、平べったい茎の部分を倒れないように管理するのが大変です。挿し木で簡単に増やせることが特徴ですが、花が咲くまでの管理も大変です。
キュウリも花が付き、間もなく収穫できます。ただハクビシンに初物を食べられないようにネットで囲む必要があります。今年のジャガイモは大丈夫でしたが、昨年はヤマトイモをイノシシに荒らされてしまいました。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.