タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

ピーマンの実が果実の先端部から、次々に黒くなって腐ります。これは病気でしょうか。

「尻腐れ症」といわれる生理障害で、主にカルシウム欠乏によって発生し、梅雨頃から多発します。また、チッ素肥料が多いと、根からカルシウムが吸えなくなり、やはり欠乏障害が発生します。チッ素肥料は、過剰に与えないようにしましょう。土壌のカルシウムは、葉先や果実に送られにくいため、発生してから土に施しても効果が不十分です。そこで発生初期に「健康カルシウムスプレー」などの水溶性カルシウム溶液を葉面散布すると、効果的に吸収されて、以後は果実への障害発生が防げます。なお、キュウリのくびれ果や、ナスのガク割れ果、トマトの尻腐れ果も、カルシウム欠乏による生理障害です。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.