タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

タマネギの花穂(トウ)が今年は多いのですが、なぜでしょうか。少なくする方法はあるのでしょうか。

タマネギの花穂をトウ(ネギボウズ)と言います。前年のうちに育ちすぎ、茎の直径が1cm以上に達した苗が10℃以下の低温に30日以上あうと花芽が分化します。一般に大苗になるほど低温の影響を受けやすくなります。春の長日条件のもとでとう立ちが促進されます。トウも利用できます。苞(蕾の穂)が開く前の若いトウは、やわらかく栄養価も高いので、摘み採って料理に使ってみましょう。天ぷらにするとおいしくいただけます。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.