タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

ナス「黒福」の果実の中にかたいものがあり、渋みもあります。仕立て直して秋ナスを作りたいのですが。

ナスは乾燥に弱く、水が不足すると生育不良になります。果実の太りがわるく、果実の皮がかたくなってツヤもなくなります。梅雨明け以降は株元にワラなどを敷いて、土の乾燥と地温上昇を防ぎます。秋ナスを収穫したい時には、(株を休ませるため、)7月下旬~8月上旬に葉を2~3枚残して各枝を切り詰めます。やがて新しい枝が伸びてきて、10月下旬まで秋ナスが楽しめます。ただし、剪定後1カ月程度は収穫できなくなるので、1株おきに剪定するなどして、ナスの収穫を分散させるとよいでしょう。また、ナスはカリ肥料を好みます。追肥はカリ質の多いものを施してください。(昔の言い伝え「カマドに灰があったらナスビにやっときな」)

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.