タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

アスター「ステラ ミックス」を「タネまき用土」でセルトレーにまき、覆土をして用土が乾かないように上から水を与えています。「松本」シリーズはすぐに発芽しましたが、「ステラミックス」はまったく発芽しません。

「ステラ」シリーズは西洋系のアスターですが、この系統はタネまき直後に急激な吸水をすると、発芽が極めてわるくなる特性があります。特に「タネまき用土」は良質のピートモスを主原料にしているため、保水性が高く、過湿になりやすい傾向があります。西洋系アスターのタネは、ゆっくり吸水させることがよい発芽のためのポイントです。前もって適度に水分を含ませた「タネまき用土」を、セルトレーに均一に入れてタネをまきます。覆土をして軽く押さえ、用土とタネを密着させます。水やりはすぐにせず、翌日以降から控えめに与えます。上からかけず、底面から吸水させる方法で行うとよいでしょう。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.