タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

西洋系アサガオ「ヘブンリーブルー」を何年か作っています。例年は盆過ぎに花が咲くのですが、今年はまだ咲きません。つるは上の方で幾重にも重なり、下の方から中ごろにかけての葉が茶色に枯れています。葉に白い班が少しあります。どうしたのでしょうか。

今年は7月20日以後の急な高温で、植物も強い影響を受けています。またその高温で肥料の分解も早く進むのでしょう。例年と同じ施肥量でも強く効いているのかもしれません。「ヘブンリーブルー」はもともと晩生種ですが、それらの影響が重なって花がさらに遅れたのです。お話から株のようすは元気なようですので日長がより短くなる9月には、花が咲き始めるでしょう。下の葉が枯れるのは、その葉が役目を終えて老化したのではないでしょうか。
葉の白い班は光化学スモッグの影響の可能性があります。アサガオの若い葉は光化学スモッグに特に敏感です。風が弱く、日ざしの強い日は注意が必要です。けなげに生きているのでかわいがってください。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.