タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

モモの葉が縮れてしまいました。どうしたのでしょうか。

「縮葉(しゅくよう)病」と思われます。展開前の若い葉が赤色になり不規則に縮れ、葉が展開するとともに縮れた部分が膨らんで赤色の火膨れ状になります。やがて病気が進行すると表面は白いカビで覆われ、落葉します。病斑の色は赤色の他に桃色、黄色、緑色などがあります。
年一回、新葉の展開する3~4月に雨が多く、低温が続くと発生が多くなります。逆に高温には弱いので、温度が上昇してくると発生しなくなります。
次の休眠期に「オーソサイド水和剤80」などを、樹全体を洗い流すように念入りに散布することで予防できます。散布時期は休眠期ならいつでもよいのですが、新芽が発生する直前が目安になります。散布時期が遅れ、花弁が見え始めるころに散布した場合、手遅れになることが多くなります。今回の発病した葉は全て摘み取って、処分してください。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.