タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

ストック「ベイビー ミックス」とストック「切り花用 早生系混合」のタネを8月初めにまきました。室内管理で発芽はそろいましたが、徒長しそうなので、木陰の半日陰に置いています。光に慣らすにはどのようにするのでしょうか。また八重咲きの鑑別法を教えてください。発芽の早晩による鑑別は済ませました。

農家さんは発芽がそろったら、1時間程度朝の光に当て、後はヨシズの下などに置き、次の日2時間程度、3日目3時間程度の日光浴をさせます。できたら曇りがちな日の光に当てて慣らします。要は夏の発芽苗は少しずつ光に慣らすのです。

ストックのタネは八重咲きと一重咲きが半々で出現します。八重咲きの鑑別法は発芽の早い、遅いがまず大事です。80%の八重咲きが早く発芽します。そのため遅いものを抜きます。本葉が出てきているなら、葉面積の広いのが八重咲き、狭いものが一重咲きです。また色の薄いものが八重咲き、濃いものが一重咲きです。この色は朝早くが見分けしやすいです。昼は同じ葉の色に見えます。

タネまき用土ですが、「スーパーミックスA」に30%のバーミキュライトを入れて、含まれている肥料分を薄めにするとタネ本来の栄養分で双葉が開くので、色の鑑別がしやすくなります。その代わり、鑑別の後は薄めの液肥をやります。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様相談室

TEL 0570-00-8716ハナイロ(ナビダイヤル)
TEL 0570-00-8716ハナイロ(ナビダイヤル) ※番号はお間違えのないようにお願いいたします。
【受付時間】9:00~12:00、13:00~16:00
土・日・祝日、年末年始、当社休業日を除く

※音声ガイダンスにしたがって、2番を選択してください。
※受付時間は、諸事情により予告なく変更する場合があります。
※お電話によるご注文はお受けしておりません。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.