タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

年数がたっているバラとイチジクの幹の根元部分が虫に食べられています。おがくずみたいなものが出てきます。

カミキリムシ(甲虫)かコスカシバ(蛾)の幼虫の食害です。おがくずのように見えるのは、害虫のふんです。樹皮の下の柔らかい部分を食べて、導管や篩管(しかん)が切られて、養分や水分の移動ができなくなります。

住友化学園芸の「園芸用キンチョールE」をご用意ください。カミキリムシの幼虫テッポウムシ用(テッポウムシともいう)のノズル式殺虫剤です。バラの登録があり、果樹ではイチジクのクワカミキリの幼虫に適用登録あります。ノズルを食入部の穴(おがくずが出ているところ)に差し込み、薬剤が食入部から逆流するまで噴射してください。

樹勢の衰えた木の幹に産卵する傾向があるので、肥培管理に気を付けて樹勢を強くすることが予防になります。木が元気だと虫が入ると樹脂をたくさん出して、幼虫を溺れさせます。ですから、成虫も木の状態を見て卵を産むようです。また鳥が天敵なので、株元がうっそうとならないように、日当たりと風通しをよくすると、鳥を警戒して産卵に来にくくなります。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様相談室

TEL 0570-00-8716ハナイロ(ナビダイヤル)
TEL 0570-00-8716ハナイロ(ナビダイヤル) ※番号はお間違えのないようにお願いいたします。
【受付時間】9:00~12:00、13:00~16:00
土・日・祝日、年末年始、当社休業日を除く

※音声ガイダンスにしたがって、2番を選択してください。
※受付時間は、諸事情により予告なく変更する場合があります。
※お電話によるご注文はお受けしておりません。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.