タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

ボタンを定植して約4年たちますが、開花が隔年で今年は茎、葉が元気に伸びており、蕾を持ちませんでした。肥料は鶏ふん、油かすを与えています。ボタンには使っていませんが、別にリン酸、カリ肥料は持っているので使用した方がよいでしょうか。

ボタンは肥料を欲しがる花木ですが、鶏ふん、油かすの単肥施肥だけではバランスが取れません。特に油かすは窒素成分が多いので、枝や葉が茂り、花が付きにくくなります。隔年開花なのはその窒素の成分比率が多いためでしょう。

肥料は窒素-リン酸-カリの3要素の比率が大事です。今、お手元にお持ちのリン酸、カリ肥料と市販の緩効性肥料をほんの少々、5月下旬から6月に与えてください。肥料の効き具合を見極め、肥料不足と思われるときは、8月下旬から9月に再度リン酸、カリ肥料と市販の緩効性肥料を与えてください。花芽ができるのは、夏から秋にかけてです。開花が安定してくると思います。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.