タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

祖父から、スイートコーンの株元から発生するヒコバエ(分げつ枝)は早めに取るようにといわれましたが、本当ですか?

スイートコーンには、糖含有量が低いスイート種と高いスーパースイート種があり、現在は、スーパースイート種が主流で、ヒコバエは取らずに栽培することを推奨しています。1970年代にスーパースイート種が普及するまでは、糖含有量が低いスイート種が栽培されていました。

スイート種の代表的な品種のゴールデンクロスバンタムは、生育が旺盛な草丈が2m以上になる大型種で、ヒコバエが多く発生し、主茎と同じくらいの太さになるものもありました。そのままにすると主茎が伸びず、雌穂の肥大にも影響することや、風通しが悪くなり病害虫が発生しやすくなるために、早めに取ることが推奨されていました。

しかし、現在主流となっているスーパースイート種は小型で、光合成をする葉の面積が小さいことから、少しでも葉面積を大きくして、雌穂の肥大をよくするために、ヒコバエを残します。また、伸ばした方が根の張りがよくなり、風による倒伏も少なくなります。時代が変われば品種も変わり、栽培方法も変わっていきます。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.