タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

スイカは試し切りしてから収穫すると書いてある本がありますが、1株しか作っていません。収穫の目安を教えてください。

小面積の家庭菜園では、スイカは数株しか栽培できません。1株から採れる果実は、大玉品種は2個、小玉品種は4個が一般的です。確かに、数少ない果実の1個を試し切りするのはもったいないです。

現在のスイカの産地では、スイカを割ることなく中の糖度・熟度・空洞などを計測する選果機を導入しているところが多くなりました。家庭菜園では、交配日から大玉品種で45~50日、小玉品種は35日前後を目安とします。品種によって収穫適期は違うので、購入したタネ袋や苗のラベルの説明書きをよく読んでください。

スイカは積算温度(毎日の平均温度を足したもの)が900~1000℃で収穫適期を迎えます。同じ品種でも、5月交配では約45日、気温が高くなった6月交配では約40日ということになります。積算温度以外の目安としては、果実付近にある巻きひげが半分以上枯れている、果実の尻部がへこみ弾力が出てくる、果実の光沢が鈍くなるなどがあります。切り取ってから2~3日置くと甘みが増しておいしくなります。


新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.