タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

バラの葉にうどんこ病が多数発生しています。使える薬剤の種類は多数あるようですね。薬剤使用などでの栽培管理のポイントを教えてください。

うどんこ病の病原菌は、高温で湿度が低いと繁殖しやすく、晩春から秋にかけてが発生しやすい季節です。特に風通しの悪いところなどでは、多発します。逆に雨が続くようなときには発生が少なくなります。

窒素過多から植物が軟弱化している場合なども発生しやすくなるので、肥培管理を適切にしてバランスのよい肥料やりを心掛けます。バラの落ち葉掃きも、大切な対策の一つです。新芽発生時や葉裏中心の薬剤散布などを心掛けます。農薬を使用する際は、バラに登録があることをラベルなどで確認してからご使用ください。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様相談室

TEL 0570-00-8716ハナイロ(ナビダイヤル)
TEL 0570-00-8716ハナイロ(ナビダイヤル) ※番号はお間違えのないようにお願いいたします。
【受付時間】9:00~12:00、13:00~16:00
土・日・祝日、年末年始、当社休業日を除く

※音声ガイダンスにしたがって、2番を選択してください。
※受付時間は、諸事情により予告なく変更する場合があります。
※お電話によるご注文はお受けしておりません。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.