タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

つるバラですが、今年の枝がたくさん伸びています。いつ枝を切ればいいのでしょうか。必要な枝と、切る枝とはどれですか。

根が伸びて元気が出てきたようですね。それでよい枝がたくさん伸びました。

この秋は暖かく、まだ葉が緑でしっかり付いていますね。そしてまだ各わき芽が冬芽になっていません。今後気温が下がり、日長が短くなると冬芽を作ります。すると葉の役目が終わったとして、葉が茶色くなり、落葉します。剪定はそのころからです。

植物は気温を感じ、太陽を見ていますが、カレンダーは見ていないので時期は年により、地域により前後します。近年晩秋の冷え込みが遅くなり、バラの剪定適期も以前より遅くなってきました。
剪定は今年咲いた古枝を切り落とします。今年伸びた若い枝に、来年たくさんの花が咲くのでそれを誘引します。

今年よく伸びた枝のことをシュートといいます。このシュートの花咲く小枝の準備は12月ごろにできてきます。落葉したら、斜め45度くらいになるように枝を導きます。春になり気温が上がると、各節から花の咲く小枝が出てきます。シュートの角度を下に向けると花咲く小枝数が減り、花が少なくなります。シュートを真上に向けると先端近くに集中して花が咲きます。ですからバラ園ではポールやアーチ、フェンスなどを使い、シュートの枝を斜めに誘引するのです。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様相談室

TEL 0570-00-8716ハナイロ(ナビダイヤル)
TEL 0570-00-8716ハナイロ(ナビダイヤル) ※番号はお間違えのないようにお願いいたします。
【受付時間】9:00~12:00、13:00~16:00
土・日・祝日、年末年始、当社休業日を除く

※音声ガイダンスにしたがって、2番を選択してください。
※受付時間は、諸事情により予告なく変更する場合があります。
※お電話によるご注文はお受けしておりません。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.