タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

トマト苗の定植するタイミングと、植え付けのときに注意することはなんでしょうか?

定植時期は、地温が15℃以上になり、遅霜の心配がなくなったころ、一般地では4月下旬~5月中旬が適期です。
定植に適した苗の大きさは本葉が8枚ぐらい、第1花房の第1花が開花するころが適しています。購入した苗が、1番花房が見えない若苗の場合は、すぐには定植せず、一回り大きなポットに植え替え、日当たりがよい場所で、第1花房の1番花が開花するまで養生するとよいでしょう。
第1花房が見えない若苗で定植すると、窒素肥料の吸収が旺盛なため、樹ぼけ(過繁茂)になりやすく、着果や肥大が遅れたり、果形が悪くなります。反対に老化した苗では窒素肥料の吸収が緩慢なため、活着(根付くこと)が悪くなり、細茎・小葉などの生育不良を起こしやすくなります。

植え付けのときに注意することは、根の生育に適した地温(15℃以上)を確保しておくこと、深植えしないこと、花房を通路側に向けて植えることなどです。地温が低いと根が冷えてしまい、活着が悪くなります。

畑の場合は、定植数日前にマルチなどを張り、地温を上げるように準備します。
プランターなど容器栽培の場合は、容器をビニールで覆うなどするとよいでしょう。
植え穴はポットの深さに掘り、乾燥し過ぎている場合は水やりします。深植えにならないよう、畝面と同じ高さに植えつけ、周りの土で埋め戻し、十分に水やりをします。

トマトは各花房が同じ方向に付くので、収穫しやすいように第1花房を通路側に向けて植え付けます。

失敗しない栽培レッスン

トマト

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8137 045-949-8137※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.