タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

ユズの葉や実の表面に黒いすすのようなものが付いています。

「すす病」の被害です。原因となるすす病菌が植物上で繁殖すると、葉や枝、果実などがすすのようなもので覆われて黒くなります。

すす病菌はどこにでもいる菌です。すす病菌が植物に寄生するのではなく、アブラムシやカイガラムシ、コナジラミなどの吸汁性害虫の排せつ物や分泌物をエサとして繁殖します。すす病菌が植物に直接害を及ぼすわけではありませんが、「すす」が光合成を妨げて生育が悪くなってしまいますし、すす病菌が繁殖する原因となっている害虫がいるということなので、その害虫が被害を及ぼします。

対策としては、アブラムシやコナジラミなどの害虫が寄生しないように、適切な剪定を行い、風通しと採光をよくするなどして、あらかじめ防除してください。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.