タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

サトイモの種イモを3月下旬に植え付けたのですが、間もなく1カ月になるのに芽が出る様子がありません。そんなに時間がかかるのでしょうか。

サトイモは熱帯原産の作物で気温は25℃から30℃が生育適温になり、発芽には20℃以上の地温が必要になります。通常は4月中~下旬が種イモの植え付け時期になりますが、温度が不十分で発芽には時間がかかり、ただ植えただけでは6月中旬ごろになってやっと芽が出そろうこともあります。もっと早く芽を出させ、生育期間を長く取れれば、イモの肥大も進み早く収穫ができますし、最終の収量も上がることになります。あらかじめ芽出しをして植え付ければそれだけ生育を進めることができます。

畑の一部を苗床にして種イモを植え付け、水やりに気を付けながらビニールトンネルで密閉します。新芽が5cmほど伸びたら畑に植え付けるようにします。また、芽出しをせずに植え付け、畝をポリマルチで覆い、地温を上げて発芽を早める方法もあります。マルチは透明マルチの方が地温を高める効果がありますが、新芽が高温障害を受ける心配がありますので、芽の伸び出しに合わせてマルチに穴を開けて芽を出してやる必要があります。本葉が2枚ほど開いてきたらマルチを剥いでしまい、土寄せと追肥をしてやります。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.