タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

連載

多羅葉(タラヨウ)[後編]

小杉 波留夫

こすぎ はるお

サカタのタネ花統括部において、虹色スミレ、よく咲くスミレ、サンパチェンスなどの市場開発を行い、変化する消費者ニーズに適合した花のビジネスを展開。2015年1月の定年退職後も嘱託として勤務しながら、花とガーデニングの普及に努めている。
趣味は自宅でのガーデニングで、自ら交配したクリスマスローズやフォーチュンベゴニアなどを見学しに、シーズン中は多くの方がその庭へ足を運ぶほど。

多羅葉(タラヨウ)[後編]

2019/01/15

タラヨウは漢字で多羅葉と書きますが中国語では大叶冬青( Dà yè dōngqīng )といいます。多羅葉の名は中国語の由来ではなく日本で作られたことが分かります。そしてその韻はなぜか不思議と文化的背景を感じさせます。多羅葉という名前を語るには、少し説明がいります。それは、言葉を書き写し残すために生まれた紙という記録媒体についてです。世界の板紙需要は4億トンほど。ペーパーレス化が叫ばれるなかでも紙の需要は増えています。文明文化が進めば、より複雑化した事柄をさまざまに書き残し伝える必要があり、半永久的な外部記憶媒体としての紙の役割はますます重要になる気がします。偉大な紙という筆記記録媒体を発明したのは東アジアの中国文明で紀元前150年ごろと推定されています。

紙が発明され普及するまでは、言葉を写し伝える媒体は限定されていました。古くは石碑や粘土板。中国では木簡や竹簡が、ヨーロッパでは羊皮紙が使われ、インドではヤシの葉に文字が刻まれました。お釈迦様の教えを刻んだヤシの葉を取ることができる植物をサンスクリット語で pattraといい、音写してターラ樹 と呼んだのです。多羅葉はターラ(多羅)樹と同じように葉に文字が書けるので多羅葉と名付けられたのです。

タラヨウ(多羅葉)Ilex latifoliaイレックス ラティフォリア)モチノキ科モチノキ属。種形容語のlatifoliaとは幅広の葉を意味します。タラヨウは円錐形(えんすいけい)をした樹形をしていて、長さ15~20cmもある長楕円(だえん)形葉を持ち、縁に小さな鋸歯があります。肉厚な葉の裏側に字が書けることから「葉書(はがき)の木」といわれることは前編で述べました。

タラヨウは4~5月に前年に伸びた枝の葉腋(ようえき)からすてきなジェードカラー(ひすい色)の小花を咲かせます。

タラヨウは雌雄異株なので雌木にだけ実を付けます。夏になると実も8mm程度に膨らんできます。

秋になるとタラヨウの実は他のモチノキ科の植物同様に赤く色づきます。苦いので人間は食べませんがムクドリなどの鳥が食べます。鳥たちは結構味音痴なのだと思います。

タラヨウの世界的自然分布の北限は、静岡県といわれています。これより西南に生え、日本では本州、四国、九州に原生します。タラヨウは、その他中国大陸の長江以南の福建省、広東省、雲南省、浙江省などに原生する東アジア的植物です。

タラヨウは温暖で夏に降水量の多い照葉樹林帯に点在する木ですが、自然に生えている自生株を見つけるのは意外と難しいと思われます。なぜならば、人の開発によって豊かな照葉樹林の多くが失われてしまったからです。今、大規模で自然な照葉樹林は、神仏に守られた森である鎮守の森に存在する場合が多いです。

今、自然な照葉樹林は、森林面積の1パーセントに満たないと推定されています。写真は、そんな貴重な森が多く残っている香川県の金比羅山の社寺林です。ここでは、カゴノキなど暖地の木に混ざってタラヨウを見ることができました。

金比羅山の鎮守の森に生えるタラヨウの古木です。タラヨウは成長が遅くゆっくりと時を刻みます。その代わり組織をしっかりつくり、円錐形(えんすいけい)の樹形が美しい高木です。庭に植えた場合、自然と形になるので剪定は必要ありません。

こちらもタラヨウの古木です。幹が太く直立する姿はなぜか神々しく不思議な余韻を感じさせます。タラヨウは暖地の木です。前に述べたように静岡県以西に原生しますが、関東地方にも植栽され公園などでも見ることができます。

照葉樹はどれも同じように見えるかもしれません。しかし判別が付くようになるとユニークで独特な彼らの存在に木(気)が付くはずです。自然の中でのタラヨウはどの木も光り輝いていました。

公園に植えられたタラヨウにすてきな葉書が残されていました。その字を見ていたら、若者たちの純粋で真剣な生き様が見えてきて胸が熱くなりました。どの若者たちも幸せになってほしい、そのように願うばかりです。

次回は「燃える種[前編]ナンキンハゼ」です。お楽しみに。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.