タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

集まる

読者のひろば

園芸通信を楽しまれている皆さまからのお便りをご紹介しています。

カテゴリ

読者のお便り大募集!

ご家庭での園芸にまつわる写真とエピソードをお寄せください。
掲載された方の中から毎月抽選で3名の方に、サカタのタネ オリジナル図書カードをプレゼント!

応募はこちら

我が家の1月の花壇

アイスチューリップが色付いてきました。球根の植え付けが浅かったのか、強風にあおられ倒れてしまったので、支柱をたてました。数日後、カラカラ天気が続いたと思ったら、突然の雪。まさにアイスチューリップ となりました。
よく咲くスミレは種から育てていますが、やっと咲き始めました。ポット苗は暖かくなったらプランターに植え付けます。花壇に地植えにした株は成長が止まったままのような感じです。

アイスチューリップとキンセンカが咲きました

セルトップ苗で買ったカンパニュラのうち数本がどんどん大きくなってもう花が咲きました。どれも白ばかりです。大通りに面した玄関先に植えているので、通りがかりの人がよく写真を撮っていかれます。

台風に負けずに皇帝ダリアが咲きました

昨年は台風で半分以上の皇帝ダリアが倒れてしまいましたが、残ったものがきれいに咲いてくれました。

新発売のハボタン「円(まどか) 春の宴」をつくってみました

毎年、種からハボタンを育てて寄せ植えにしています。新発売の「円(まどか) 春の宴」(下の写真)を早速栽培してみました。昨年の秋冬は暖冬で着色部の色戻りの出る品種もありましたが、春の宴は色戻りもなくきれいに発色しました。また株元もガッチリとしており、頭部もコンパクトで寄せ植えにはとても使いやすい品種で大変満足しています。

ハボタンがきれいに色づきました

寒い冬の花壇には、やっぱりハボタンですね。昨年は「円(まどか) 春の宴」と「バニー」を育ててみました。「円」は軸がすらっと伸びて、寄せ植えの後方によいですね(上と中央の写真)。紫によく色づいているのは、2年目のバニーです(下の写真)。大きく育ちました。

大切に育てたコスモスが咲きました

8月20日ごろに種をまいたコスモス「センセーション ミックス」が10月の秋風とともに咲き始めました。花は小ぶりですが、液体肥料を多めに施肥したので葉や茎は丈夫に育ちました。うどんこ病になりやすいので、殺菌剤も噴霧してちょっぴり過保護に育てました。

かわいいホトトギスが咲きました

上の写真は和種、下の写真は外来種のホトトギスです。私は日本のものが楚々としていて好きです。

ハギで窓辺を秋色に

最も秋を感じさせてくれるハギ。花瓶に一枝生けたら秋がそこまでやってきました。異国の鳥の置物たちとも相性がいいようです。

季節と共に変化するマリーゴールド

9月になり少し涼しい日もあったので、マリーゴールド「ストロベリーブロンド」の色が赤くなってきました。6月の咲き始めは赤で、夏の間はほとんど黄色。涼しくなってくると、オレンジから赤へ。1株で3色を楽しめてお得なのと、季節の移ろいを感じられて、素敵です。

セッコクの花が咲きました

セッコクが、4月下旬と8月下旬にも開花しました。4月の花は薄ピンク色で艶やかにたくさん咲き、8月には白で清楚に少し咲いています。これも異常気象が原因でしょうか。2度楽しめてハッピーでしたが、来年4月の花は大丈夫でしょうか。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.